コラム

コラム

ED治療薬 海外のジェネリックについて(インド製)

海外ED治療薬

インターネットでバイアグラジェネリックを検索すると「カマグラ」、「カベルタ」、「ペラグラ」、「シラグラ」など、レビトラジェネリックの「バリフ」、「バルデナフィル」シアリスジェネリックの「メガリス」、「タダリスSX」、「シルデナフィル」といったインド製のED治療薬を多くとり扱っている個人輸入代行業者のホームページが並びます。

インドは薬剤の特許権に関する法律が他国と違い特殊で製法が違えば主成分が同じでも「物質特許」を認めていませんでした。2005年までこの「物質特許」が定まられていなかったので、国際特許が残っている医薬品でも2005年以前から製造販売されていた薬に関しては特許保有メーカーに少しお金を払えば合法的に販売が可能なのです。

インド政府は2005年度よりも前の時点の後発医薬品製造業者が引き続きジェネリック医薬品を作ることを認めており、また製薬会社にとってインドで特許権を取得することは2005年以降もかなりの壁があり簡単に特許権が認められない状況ではないのが現状です。

インドは以前からジェネリックの製造・販売しており、特許権を持つ製薬会社も認めています。インドは実は以前からジェネリックの製造・販売をしている「ジェネリック先進国」なのです。インドは人口の多いあまり豊かでない国であるため安価な薬剤をインド国内・国外に流通させたいため国策として行っていたようです。同効成分の薬剤が製法を変えることで別の医薬品として販売することができます。

インド製のジェネリックはインド国内ではすべて正規品のED治療薬ですので本来はジェネリックではありません。また「製法が違うから先発品とは違うもの」というものがいますが成分が同じであれば製法は違えど同様の効果を発現します。また正規のインド製品は高品質で安全性が高いことで知られています。

そのインド製ですがインド製に限らず言えることですが流通の際に偽造品が混入してくることが問題視されています。インターネットでの個人輸入の際に60%程度に偽造品が混入すると言われています。きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は難しいのが実情です。非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に難しいうえに、内服することで深刻な健康被害を引き起こすことがあるため危険です。

ED治療薬はクリニック・病院で処方を(海外ED治療薬のジェネリック)

ED治療薬が発売された当初はとても危険な薬というイメージが強く、いまだにそのイメージを持たれている患者さんもいらっしゃいます。海外の医薬品だととくにそう思われるかもしれません。しかし近年の研究で、ED治療薬は血管機能全般の機能改善効果などが知られ、アンチエイジングの薬ともいわれるようになりました。

ED改善効果だけではなく、心不全の治療薬として、その他血管系の治療薬として期待されています。実際にバイアグラの成分である「シルデナフィル」は肺動脈高血圧症の治療薬として認可され、シアリスの成分である「タダラフィル」は肺動脈高血圧症、前立腺肥大症で認可されており活躍の場を広げています。

このように安全性、有用性は知られてきましたがやはりそこは薬剤です。用法・用量や副作用など、また自身にあった薬剤の選択など安易に自己判断されることは危険です。

ユナイテッドクリニックの外来ではED治療薬の処方について医療機関(クリニック・病院)を受診することをお勧めします。当院外来では問診票ご記入後、医師の診察で適正な薬剤を選択し、素早く院内処方いたします。

ED治療薬 ジェネリック インド製の医薬品の世界の医療への貢献度

インドは薬剤の特許権に関する法律が他国と違い特殊で製法が違えば主成分が同じでも「物質特許」を認めていませんでした。2005年までこの「物質特許」が定まられていなかったので、国際特許が残っている医薬品でも2005年以前から製造販売されていた薬に関しては特許保有メーカーに少しお金を払えば合法的に販売が可能なのです。ということで実はインドは以前からジェネリックを多く製造・販売している「ジェネリック先進国」なのです。

インド製の医薬品は世界各地で非常に貢献しています。特にアフリカ諸国などへインド製の医薬品が大量に使用されています。HIV治療薬など特許が切れていない薬で治療することを可能にしているのです。インド製のジェネリック医薬品が途絶えるとアフリカ諸国やその他の欧米製品で治療できない地域の医療がますます崩壊するという深刻な問題を孕んでいます。そのため国際連合はミレニアム開発目標において「製薬会社と協力し、開発途上国において人々が必須の医薬品を安価に入手・利用できるようにする」とし国際社会においての特別な配慮を求めています。

また皆さんもご存知のNGO「国境のない医師団」から反対が激しいことや、インドのメーカーも強く反対していること等から特許保有メーカーも認めざるを得ず、今まで通りにジェネリックが製造されているようです。

インド製のジェネリック医薬品で世界の多くの人たちが医療を受けることができ、多くの命が救われているのです。

bindi-2416039__340

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
052-957-5795
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
栄ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
天王寺ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
岡山ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト